IT上での知り合いとの付き合い方

いまや個人でもブログサービスなどを使って自由に日記を書いたり、日記などを通じて全国に同じ趣味や考え方を持つ人たちと仲良くなったりできるようになりました。
かくいう私自身も、出産、育児に当たって、世の中に出る機会が減り、現実に居る友達などの関係も希薄になりがちでした。

そんな中、ブログサービスを紹介され、日常の思っていることや考えなどを書いていくようになったところ、同じ様な考え方や趣味を持った日本全国の人たちと知り合い、中には実際に友達になれた人もいました。

そういった点では、IT上で展開されている、ブログやツイッター、フェイスブックなどのソーシャルネットは自分の情報を発信するばかりでなく、今まで知り合うことすら不可能だった遠くの人たちと知り合うことの出来る場所であるといえます。

しかし、逆に、今まで現実に付き合ってきた知り合いたちとの関係が微妙になることもあるのです。
ブログやツイッター、フェイスブックなどに載せる情報は自分の身の回りの情報が多いです。

十分周囲に注意して書いたつもりになっていても、知り合いの情報が一緒に入ってしまったり、自分の知られたくなかった部分を知られてしまったりすることがあるからです。
フェイスブックは基本的に本名や企業名でないと登録できないので、ある程度実際の知り合いかどうかの判別はつきますが、ブログやツイッターはハンドルネームという、インターネット上の仮名で登録が出来てしまうので、友達申請してきた人が、実際の知り合いなのかどうか判別することは不可能に近いです。

ですから、実際の知り合いも、インターネット上で知り合った人も同じ扱いで進めることになりますが、実際の知り合いとの人間関係が壊れてしまわないように、自分が書き込む情報には責任を持ちましょう。
少しの失敗でも、思ったより大事になったりするので、特に気をつけていかないといけませんね。しかし失敗から学ぶ事もあると思います。こちらのサイトには色々な失敗談がありますので、同じ失敗をしないように気をつけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>