ITが生活にもたらした長所について

小学生でも授業の一環として、パソコンの基本操作などを学ぶような時代になりました。
大人と子どもでは、情報の受け止め方などにも違いはあるため、大人が子どもに対して危険な情報を与えないように見守る必要はありますが、子どもでも、大人でもインターネットに接続して、世界各国のさまざまな情報を得たり、自分の知りたいことを調べたりと、能動的にITに参加できるようになりました。

これによって、今までは、見たことも聞いたこともないような国とまで、距離感が縮待ってきています。
いずれは、ITが「発展途上国や先進国」などといった、国同士を差別してしまうような垣根も取り払われていくのではないかと考えられています。
ITがわれわれの生活の与えているいい影響は、こればかりではありません。

近年、いろんなものが機械で大量生産されるようになりました。
その一方で、一つ一つの作品を丁寧に作り上げる職人さんたちは徐々に減ってきています。

しかし、今は、ITで職人さんの技などをITを通して紹介していくことで、改めて職人さんの仕事に打ち込む姿勢や作られた作品などが高く評価されるようになってきています。
また、音楽やアニメ、絵画などの才能も、ITを通して発揮していくことで注目を浴びるようになりました。

これまであまり作品が売れていない芸術家たちが、ITを通すことで世界に自分の才能を公表し、世界で認められる芸術家になる日も少なくありません。
このように、今まで目立たなかった人たちが、自らの情報を発信していくことで輝き始めることも増えてくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です