ITの進化が日常生活に与える影響

ITの業界をいろんな面で比較するとき、IT業界は大きく分けて7つの分類に分けられると考えられています。
その中でも、日常生活に密着していると考えられるIT業界は「通信サービス」、「eビジネス」、「放送」、「デジタルコンテンツ」、「プラットホーム」の5分類であると言われています。

特にこの中でもわれわれの生活に一番密着度が高いのは通信サービスです。
今まではただ単に固定回線だった電話回線が「DSL」や「光ファイバー」などのブロードバンドとつながることによって、パソコンなどのインターネット環境が高速で快適になり、今まで接続するだけで時間がかかっていた時間分のゆとりが生活に生まれだしました。

また、携帯電話の普及によって、今では一人一台の割合まで普及してきています。
それに伴って、これまではただ、通話と、メールと、インターネットに接続するのがメインだった携帯電話で、ワンセグの番組が見られるようになったり、テレビのリモコン代わりになったり、赤外線通信でお互いの情報を好感で着たりできるようになりました。
車社会でもIT化は進んでいます。
カーナビやETCなどの登場によって、安全に早く目的地に着くことができるようになりました。

このような日常生活に進出してきたITはわれわれの生活にゆとりの時間や安心などをもたらしてくれるようになりました。
これからも次々と進化していくであろうITが今後どのように日常生活に影響をおよぼしていくのか、注目されるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です